楽しい絵本

かみなりの国は未来都市だった!?「だるまちゃんとかみなりちゃん」

だるまちゃんとかみなりちゃん

絵本の公式情報

書籍情報

タイトル だるまちゃんとかみなりちゃん
著者 かこ さとし
出版社 福音館書店
価格 本体900円+税

出版社からの紹介・あらすじ

雨の日、だるまちゃんが外に遊びにいくと、空から浮き輪とかみなりちゃんが落ちてきました。

だるまちゃんは、木に引っかかった浮き輪を取ってあげようと、傘を投げますが、傘もいっしょに引っかかり、二人で困ってしまいました。

そこに雲に乗った大きなかみなりどんが迎えにきて、お礼にだるまちゃんをかみなりの国に招待してくれました。

未来都市のようなかみなりの国の楽しさも抜群の「だるまちゃん」シリーズ第2作。

絵本の感想と子供の反応

かみなりちゃんを助けたら、雲に乗ってかみなりの国に行けるという急展開なストーリーが素敵です。

かみなりの国の街はとても未来的なんですよね。まるでSFの世界のよう。豪華なプール施設もあってすごく楽しそうなんです。

仲よく遊んで帰ってくるというストーリーが3歳には楽しかったようで、何度も読みました。

こたつ
読んでいるだけで夢がふくらむストーリーです


おすすめ絵本

-楽しい絵本

Copyright© 絵本ノート , 2020 All Rights Reserved.